初めて全身脱毛の施術を受けるなら

医療脱毛とサロン脱毛の違いを知る

初めて全身脱毛をしてもらおうと思った時、エステサロンでやってもらうのと、医療クリニックでやってもらうのとどちらを選んだらいいのか、そして何が違うのかよくわからなくて迷いますよね。満足いく全身脱毛を受けるには、それぞれの特徴を知っておかないとダメです。 二つの決定的な違いは、レーザーの出力です。サロン脱毛の方は光脱毛、クリニックの方はレーザー脱毛などと呼び分けたりしていますが、本質的には同じ仕組みなんですよね。サロンの方では強い出力のマシンを使うことはできないんです。お肌への負担はサロン脱毛の方が少なめですが、全身脱毛が完成するのが早いのはクリニックの方です。わずか5回から6回で済みます。どちらが自分に合っているかよく見極めましょう。

追加照射やアフターケアがある

脱毛にはリスクがないわけではありません。産毛や柔らかい体毛を処理したいと思って、全身脱毛のコースを受けたら、後で太い体毛が生えてきた…というケースもありうるのです。これを硬毛化と呼びますが、もし太い体毛が生えてきてもレーザーの効果は有効ですから、結局はつるつるでムダ毛のない状態にちゃんとできますから、硬毛化しても怖くはありません。 他にも骨ばった箇所は経験豊富な人でも商社が難しくて打ち漏れを作ってしまうこともありますし、皮脂の分泌が多いと毛嚢炎になることも。そんな時に、追加照射を優先して行ったり、炎症をしずめるための薬の処方などの、万が一の時に備えてのフォロー体制がしっかりしていると、脱毛する側も怖くないですよね。